知らないと損する!ポスターデザインの秘訣

人目を引き付けるポスター

デザインが良いポスターには、人目を引き付ける力があります。それ故、商品の紹介やイベントの告知をする媒体として、最適な広告手法の一つとなります。フライヤーなどは読む広告となりますが、ポスターは見る広告としてインパクトが強いのが特徴です。見る人へのインパクトを主軸にすることで、フライヤー以上の広告効果を発揮することが可能です。魅力的なデザインにはポイントがあり、それを踏まえることで宣伝効果の高いポスターに仕上げられます。

ポスターデザインのポイント

ポスターデザインのポイントは、先ず宣伝目的を明確にすることです。何を焦点を当てるかによって、デザインも大きく変わります。デザイン的に美しいポスターであっても、伝える目的がはっきりしなければ、広告としては片手落ちとなります。肝心なのは見る人の心の中に、宣伝したいモノが明確に残ることだからです。ポスターは視覚に訴える宣伝媒体であり、目にする人にダイレクトに届くデザインが効果的だと言えます。それには、ポスターの全体的な世界観も分かりやすくすることです。

ジャンプ率を高めにする

ポスターデザインにとっては、ジャンプ率も肝心な要素です。ジャンプ率とは画像や文字などの、大きい部分と小さい部分との比率のことです。ポスターではジャンプ率が大きい方が効果的とされます。大小の比率が大きければ、紙面にコントラストが生まれます。それが躍動感を与えて、人目につきやすくなるからです。一方、読ませる広告にしたい場合は、ジャンプ率を低めにするのが良いと言えます。

チラシなど大量に印刷したいと考えれば、激安コピー印刷もその手段の一つです。色は黒だけなら安くなります。カラーにすると多少高くなりますが印象は良くなります。